SI接頭語を暗記しよう!

テンポが小気味いいSI接頭語(せっとうご)のGIFアニメーションとアウトプット用教材PDFを用意したので、この教材でしっかり暗記しよう。

注意:電験三種では「da:デカ」「h:ヘクト」のSI接頭語を使用することはほぼありません。

 

1.数字の桁数が多いと大変

ある単位の数の桁数が必要以上に多いと、紙面・ディスプレイ上における表記および音読・黙読における桁数確認が大変になる。

 

2.数字の桁数を減らす

数の桁数が多いと大変なので、SI接頭語なる記号を用いて数の桁数を減らすことを行うのである。

 

3.「10の累乗」

累乗(るいじょう)とは同じ数をかけ合わせることを意味する。
SI接頭語の記号は10の累乗で表すことになっている。

101、102、103、…

10の1乗(いちじょう)
10の2乗(にじょう)
10の3乗(さんじょう)

10-1、10-2、10-3、…

10のマイナス1乗(いちじょう)
10のマイナス2乗(にじょう)
10のマイナス3乗(さんじょう)

 

 

 

4.SI接頭語(101、102、…)のGIFアニメーション

 

 

 

5.主要SI接頭語の一覧

 

 

 

6.SI接頭語(10-1、10-2、…)のGIFアニメーション

 

 

 

 

7.SI接頭語のアウトプット教材PDF

がんばって暗記した痕跡はスライドバーファイルで綴っておこう。
日記と同じように自分がたどってきた道を見える化すると後で自信につながるよ。