令和元年度理論問9の問題と解答

 

 

解答を表示する

 

解答を非表示にする

 

 

令和元年度理論問9の解答ポイント

  1. 本問はRLC並列回路の共振角周波数ω0=10[krad/s]を求めて、(ω20)=1、(ω10)=(1/2)、(ω30)=3の関係から電流I1、I2、I3の大小関係(I2<I1<I3)を明らかにするのが最短の手順である。
  2. ただし、前述1の手順は知らなければそれまでなので、本解答は少し遠回りな手順で正答を導くことにする。
  3. RLC並列回路のLC並列箇所の複素アドミタンスの式

  4. 並列共振角周波数ω0[rad/s]の公式

    $${ω_0=}\frac{1}{\sqrt{LC}}\quad [rad/s]$$
    $$\begin{eqnarray}{L} &:& インダクタンス[H]\\\\{C} &:& 静電容量[F]\end{eqnarray}$$

  5. 並列共振周波数f0[Hz]の公式

    $${f_0=}\frac{1}{2π\sqrt{LC}}\quad [Hz]$$
    $$\begin{eqnarray}{L} &:& インダクタンス[H]\\\\{C} &:& 静電容量[F]\end{eqnarray}$$


  6. 参考記事:共振回路と共振周波数および共振角周波数