ブール代数

ブール代数とは、イギリスの数学者ジョージ・ブールが1854年に論理学を数学的手法で扱うために考案した代数である。
この代数は、現代のデジタル回路の設計やインターネットの活用において必要不可欠なものとなっている。

ブール代数は、論理積(AND)、論理和(OR)、論理否定(NOT)の三つの基本演算を定義している。
他のいかなる複雑な演算も、三つの基本演算の組み合わせで行うことができる。

 

 

1. 論理積 (AND) の演算定義

 

2. 論理和 (OR) の演算定義

 

3. 論理否定 (NOT) の演算定義

 

4. ブール代数の規則

下表は、ブール代数の規則をまとめたものである。
①交換則、②結合則、③分配則、④同一則、⑤吸収則、⑥相補則、⑦二重否定、⑧ド・モルガンの定理

例題1~9を通じて、これらの規則の扱いに慣れよう。
※例題2~7は、基本情報技術者試験の過去問題からの引用です。

 

例題1

解答を表示する


解答を非表示にする

 

例題2

解答を表示する


解答を非表示にする

 

例題3

解答を表示する


解答を非表示にする

 

例題4

解答を表示する


解答を非表示にする

 

例題5

解答を表示する


解答を非表示にする

 

例題6

解答を表示する


解答を非表示にする

 

例題7

解答を表示する


解答を非表示にする

 

例題8

解答を表示する


解答を非表示にする

 

例題9

解答を表示する


解答を非表示にする

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn