右ねじの法則

電線(導線)に電流を流すと、下図1と2のように電線の周囲に磁界が発生する。

右ねじの法則は、この電流と磁界の方向の関係を示した法則である。
一見すると大して重要な法則に見えないかもしれないが、電磁力や誘導起電力を理解するのに必要不可欠な法則である。
この右ねじの法則は、発見者の名を冠して、アンペア右ねじの法則と称することがある

 

 

1. 右ねじの法則

右ねじの法則は下記の1と2に集約される。
良く犯す間違いは、1または2の片方だけが右ねじの法則だと思い込むことである。
電流と磁界は表裏一体の関係であることを忘れないようにすること。

 

  1. 図3のように、ねじを回す方向を磁界の方向に対応させると、ねじの進む方向が電流の方向になる。
  2. 図4のように、ねじを回す方向を電流の方向に対応させると、ねじの進む方向が磁界の方向になる。

 

2. ねじを締める動画(YouTubeより引用)

 

例題1

下図のような直線状導体に電流を流したところ、磁界が発生した。
この電流によって発生する磁界の方向を図に示しなさい。

解答を表示する


解答を非表示にする

 

例題2

下図のような円形状導体(円形コイル)に電流を流したところ、磁界が発生した。
この磁界を発生させる電流の方向を図に示しなさい。

解答を表示する


解答を非表示にする

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn